THE SOUND OF SCRAMBLE '76

「幸せにさよなら」と「ナイアガラ音頭」が
納められているが、フルコーラスで入っていない。

「かみやたけし」さんのDJが下記の通りかぶさっている。

「幸せにさよなら」の間奏の部分から

あの幻のロックグループ、「はっぴいえんど」から早三年。
大滝詠一は、今ナイアガラレーベルの総帥としてフル活動しております。
ついに大滝詠一の時代(トキ)がやってきた。
コロンビア移籍第一段として発売した、「ナイアガラ・トライアングル」は、
ベストセラー街道をひた走っております。
その中から「幸せにさよ
なら」を聞いていただいております。

サヨウナラと言っている
間奏がフェードアウトするやいなや

さて、ナイアガラレーベルよりいよいよ超大物新人歌手が大々的にデビュー。
ここまで持ち上げるので聞いていて笑ってしまう(^O^)
もと、ブルースクリエーションのリードヴォーカリスト、
今や新民謡歌手、「布谷文夫」がその人です。
かつて、これ程の話題と期待を集めた曲があったでしょうか。
それでは、大滝詠一プロデュースによる、LP「ナイアガラ・トライアングル」より、
6月1日シングルカットされる、「ナイアガラ音頭」を聞いてください。

「ナイアガラ音頭」がフェードアウトしながら

ナイアガラレーベルの総帥、大滝詠一は現在ソロアルバムを制作中。
1年2ヶ月ぶりのアルバムで大滝の魅力がすべて網羅される意欲作。
7月25日発売予定。
乞うご期待。

すべての曲を同様に紹介している。