Apr 30, 2019

セイタカアワダチソウって腐海の植物だったのか



偶然知ったこと。
セイタカアワダチソウは根から化学物質を出して他の植物が育ちにくくする、とそこまでは知ってた。
ただそれから繁殖しすぎると自分の毒で自身も枯れてしまうのだとか。
で、カリウムやカルシウムが豊富に含まれているので、枯れたらいい肥料になって、ススキとかが勝つらしい。(毒は他の、カビやバクテリアが分解する)
要するに他の草を枯らしつつ土を豊かにし、自分は枯れて死んでゆく……。
どっかで聞いたな、この話。

金色の野に降り立つべし、ってあの黄色い花の事か(違うぞ)


 
エントリを編集・・・

wikieditish メッセージ: Ready to edit this entry.
















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.